subHuman – ノイズとJUKEの可能性[The possibility of Noise and Juke]

subHuman

この人間以下と名乗るアーティストはレーベルに送られてきた音源しか情報が無い。ただ、その音源を聴く限りかなり音楽に精通しているアーティストであると断言は出来る。彼(複数かもしれませんがこの場は一人と仮定します。)のサウンドはノイズとJUKEを組み合したものだが、ただ雑然とノイズをトッピングしたものではなく、かなり入念にノイズとJUKE。それにアトモスフィアなサウンドスケープがミックスされている。この事からも、私はsubHumanはかなり熟練したアーティストが変名で送ってきたのでは無いかと疑っている。この3月にリリースされたEP”dystopia”はタイトルからして彼からの現状に対する不満と怒りが込められていると推測される。彼は言葉で全てを語るのではなくて音で気持ちと祈りを語る。そしてそれを聴いたリスナーの想像力に期待しているのでは無いかと思うのである。

佐々木達也(Skip Club Orchestra/DUBLIMINAL BOUNCE)

subHuman

This artist there is no information. subHuman is quite familiar with the music as long as the sound source. His sound is something that united the Noise and JUKE. but, he doesn’t mix easily Noise and Juke. He is to mixing carefully Noise and JUKE and Atmosphere soundscapes. I think is skillfull artist has sent a sound source with a different name. “dystopia” is likely to have been put dissatisfaction and anger against his current situation from the title.  He does not speak. He is to express feel and prayer in the music. And a expectation to imagination of the audience.

Tatsuya Sasaki(Skip Club Orchestra/DUBLIMINAL BOUNCE)